IMG_2751補正済み明るい横長.jpf

春・夏・秋のパッシブ
自然風利用

外気温が高いときに風を取り入れるべきではありません。なので、夏であれば夜間が風を取り入れる中心となり、それによってエアコンに頼らずにやり過ごす時間が増えます。また春や秋でも換気のために窓を開けたいと考える人は多く、そのためにも風通しを良くする工夫が求められます。そうした工夫を「自然風利用」と呼びます。

自然風利用_アートボード 1.png

風通しを良くする設計によって、夏に外が涼しい時の冷気の取り入れや、春・秋に窓を開けてしっかり換気ができるようになる。