IMG_2751補正済み明るい横長.jpf

夏のパッシブ
日射遮蔽

夏に室内が暑くなる最大の原因は、建物に当たった日射熱が室内に入ってくることです。これを少なくする工夫が日射遮蔽です。ここでのポイントは「窓ガラスを透過して入る日射熱を防ぐ」「屋根(天井)や外壁の断熱性能を上げて、ここから入ってくる日射熱を防ぐ」ということになります。屋根(天井)や外壁の断熱性能は、冬の保温のために一定以上に確保することになり、それが夏の日射遮蔽にも効果をもたらしますが、断熱性能の高い窓を使うだけでは「窓ガラスを透過して入る日射熱を防ぐ」というところは不十分と考えるべきであり、しっかりとした窓の日除けが不可欠です。

日射遮蔽2_アートボード 1.png

冬のために向上させた断熱性能によって、屋根や外壁に当たった日射熱が室内に入るのを防ぐ。それに加え、窓から日射熱が入るのを防ぐため日除けを行うことが不可欠。