IMG_2751補正済み明るい横長.jpf

冬のパッシブ
日射熱利用暖房

日射熱を室内に取り込み、それを暖房熱に使う工夫であり、窓から日射熱を取り込むのがもっともオーソドックスな方法です。ここで重要なのは、保温性能を高めることで日中に取り込んだ熱が室内に夜間まで残るようにすること。また、蓄熱性能を高めることもこれに寄与します。

こうした工夫を行えば、お金がかからず、CO2も出さない日射熱が暖房に利用できることになり、暖房エネルギーの削減も含めた大きなメリットが得られます、また、こうした熱はエアコンのような温風が伴わないため、快適な室内環境が得られることにもなります。

日射熱利用暖房1_アートボード 1.png

[冬] 晴れた日の日中

南面の窓を中心に、たくさんの日射熱を室内に取り込む​

日射熱利用暖房2_アートボード 1.png

[冬] 晴れた日の夜間

保温性を高くしておくことで熱が夜間まで残り、暖房として使えるようになる